© 2019 KIKUNA MISHIMA All Rights Reserved.

The Japanese female photographer, Kikuna Mishima
starts from drawing out the image which flashes in her head.
And then, she makes every tools appeared in it.
Finally, she takes photos to visualize details in the studio,
under her perfect control.
She never compromises.
Her personal style of distinguish is
"Far more than just photography"
She could be a heretic, as we call, considering in or outside of Japan.

Kikuna was read out the picture books in her bed for 1hour
every night from when she was 1 year old.
She listened to the radio of reading Japanese old tales
in the evening, when she became a Junior High-school student.
The reason why she needed the storyteller each time,
is to concentrate on only pictures in a book so that
she could make her own vision from the story wider and clearer.

I felt as if I was released to this real world alone when I got older.
The new world I met in real was so unreasonable, stingingly beautiful,
and too odd to adjust myself all right.
After I went through all the experiences and feelings of sadness, joy,
or something hard to overcome,
I suddenly realized I had already found the solutions out of my questions,
in the pictures from books.
Just like I was led to the answer by pictures in the book my mother
used to read out beside me.

I don´t know when but I started to think that I am here for
someone else, not only for my profit nor fame.
I feel that I can do it in next 10years.
My encounter with my current private model, Lily, might have changed
my way of looking at life .
This is likely my destiny and I keep on working lately.
I overlap myself on one of the fairy tales, called
"A girl stamped on the white bread" written by Andersen.
There was a girl named Ingel who was saved by an another girl
at the end of the story.

"A girl stamped on the white bread " Written by Andersen
A brief outline
Ingel is a girl who has a beautiful face.
but is also cold-hearted and no one likes her.
She was told to take a day off to visit her parents by the land lady.
She was handed a white bread.
There was a puddle on her way.
Ingel stamped on the bread because
she hated to stain her brand new cloths and shoes
The bread carrying Ingel went down the dirt deeper and deeper.
The underground was the world of dirty place where witches live.
Her body became as hard as a stone, and then froze.
And the bread stuck hard to her foot and unremovable.
A little girl heard about what happened to Ingel and broke into tears one day.
"Poor, Ingel.  She has no choice but to feel sorry from the bottom of her heart if she wants to come back."
Ingel recieved the voice of that girl.
She felt her cold heart melting after all.
She regretted what she did and cried for it.
A lay of light started shining down to the bottom of the dark puddle then.
Ingel changed to a small bird.
"I want to do something good."
The delight feeling welled out from her true heart.
She collected crumbs and kernels
and gave away the most to the crying, hungry ones.
She fed the same amount as the white bread which Ingel just stamped on.
Two of her greyish wings turned into the bright color.
The bird could fly far up to the sun, right after flapping comfortably.

Photo by Toshiya Suzuki

日本人の女性写真家、美島菊名は
脳裏に閃いたイメージを絵に描く。
そして道具を作り
写真にする。
想像が現実になるまで
決して諦めない。
美島菊名のスタイルは
「写真じゃない何か」。
日本においておそらく「異端」な存在である。
もしかしたら世界規模で探してみても。

美島は一才から毎晩一時間
絵本を読んでもらって育ちました。
中学生になると毎晩ラジオで
「日本昔話」の朗読を聞いていました。
より空想の世界を広げたり具体化するために
ストーリーテラーは別に居て
挿絵の部分だけに集中する必要があったからです。

「大人になった私は、絵本の世界でなく、現実の世界に
一人放たれてしまいました。
現実の世界はとても理不尽で、刺々しいくらいに美しく
奇妙に感じる世界でした。
そしてある日、悲しみや、喜びや、
受け止めきれない出来事、
そんな現実の世界の物語を体験した時に
生き抜いて行くための「答え」になるメッセージが
自分の頭の中に浮かぶことに気が付きました。
かつて母に読んでもらった絵本の挿し絵が
私を導いてくれたのと同じように。。。

そして知らず知らずのうちに、
写真になった作品を通じて、
私欲や名声のためではなく
誰かの役に立てたら良いなと
考えるようになりました。
きっとこれからの10年間で、
それが出来るかも知れないと感じています。
おそらくモデルのリリイとの出会いが
私を変えてくれたのかも知れません。
彼女に運命的なものを感じて、現在も作品を撮り続けています。
アンデルセンの「パンを踏んだ女の子」のインゲルが
見ず知らずの少女に癒されたように。」

パンをふんだ女の子 アンデルセン
-あらすじ-
インゲルは、きれいな かおの 女の子です。
でも、心は つめたくて、みんなにきらわれています。
奉公先の女主人から、1日暇をあげるから、
お父さん、お母さんに会ってくるように言われました。
大きな白いパンを持たせてくれました。
途中、大きな水たまりがありました。
新しい靴と服を汚したくないインゲルは、
パンに足を乗せて水たまりを乗り越えようとしましたが、
その瞬間、パンはインゲルを乗せたまま、
泥の中に深く深く沈んでいきました。
地下は魔女がいて、とても汚くて気味の悪い世界です。
インゲルの体は石のように硬くなり動かなくなりました。
パンはインゲルの足にくっついたままです。
ある日、小さな女の子が、インゲルのことを聞いて、わっと泣き出しました。
『かわいそうなインゲル。心からごめんなさいと謝ったら、
みんなのもとに帰って来られるでしょうに。』
その女の子の声がインゲルに届きました。
今までの冷たい心のインゲルとは違い
なんだか泣きたいような気持ちになりました。
そしてはじめて、自分のしたことの間違いを認めて涙を流しました。
その時一筋の美しい光が、暗い沼の底に射しました。
インゲルは小鳥になりました。
「何かいいことをしてみたい」
小鳥の胸の中にそんな気持ちが湧いてきました。
小鳥は、パンくずや麦粒を集めて、
自分は少ししか食べず、お腹をすかして鳴いている小鳥たちに食べさせました。
それが丁度インゲルが靴で踏みつけたパンと同じくらいになりました。
すると、灰色の羽が輝くような美しい色に変わりました。
そして、気持ち良く羽ばたいたと思うと、パッと、お日様のほうへ向かって、
高く高く飛んでいくことができました。